読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人気の音楽スクールランキング!あなたのベストスタジオは?

音楽教室は大人向けから子供向け、またヤマハや河合楽器とブランド、そして様々な音楽とオシャレなスタジオのeys音楽教室、色々あります。あなたが選ぶ評判の音楽教室は何処ですか?

ギターならeys音楽教室が人気で評判があるのでは

f:id:tarumaesan40:20170323151918j:plain



学校:ハート音楽院 仙台(現在は閉校)
楽器:アコースティックギター
場所:宮城県仙台市青葉区中央1-7-40

スカボローフェアをどうしてもギターで弾きたくて

私が9歳になったばかりのある日、何気なくテレビCMを観ていると心地よいギターのメロディーが聴こえました。
今となっては何のCMだったのか思い出せませんが、親にその曲名を聴くと「サイモン&ガーファンクルのスカボローフェアという曲だよ」と教えてくれました。
今までに聞いたことのない美しい旋律。ギターという楽器は知っていたけれど、こんなに聴き入った事はありませんでした。
その曲を聴いて1週間後、私は貯めていたお年玉を握りしめ、近所のCDショップへサイモン&ガーファンクルのベストアルバムを買いに行きました。
そして親に無理を言って、隣町のギター教室へ通わせてほしいと頼んだのです。

優しい、先生のようになりたい

私は宮城県の中でも、家の周囲は田んぼに囲まれたようなド田舎に住んでいましたから、一番近いギター教室に通うには電車で5駅先の仙台の街中まで行かねばなりませんでした。両親と1時間かけてハート音楽院へ行き、1度体験レッスンをしてもらいました。
担任の先生は後に弱視の先生だと分かりましたが、そんな目のハンデを感じさせない丁寧で的確な指導をして下さる優しい先生でした。
1時間の個人レッスンでも、後に来る生徒が休んだ時などは2時間も真剣にFコードの押さえ方を教えてくれたりしました。
レッスンの度に見本としてスカボローフェアを弾いてくださり、「君もいずれ、こういう風に弾けるようになるんだよ」と言ってくれたので私も「早く上達したい、頑張りたい」と思って練習をし続けました。

ドイツとアイルランドで流れのギタリストになり、ギタリストと国際結婚

9歳から習い始めたギター教室は、結局高校2年生までの9年間通い続けることができました。
高校3年の時には、「海外でギタリストとして活躍したい!」と夢を抱きコンビニアルバイトで貯めた15万円を手にイギリスへ渡ります。高校にあと1年通えば卒業というタイミングでの中途退学でしたが、若気の至りでしょうか。今も当時の自分の決断に後悔はありません。
結局イギリスには2年間住み、ギターだけでは食べていけないので介護士として働きました。現地の青年たちとバンドは組んだものの、レコード会社に相手にされることはありませんでした。
イギリスでの2年間有効な就労ビザの期限も切れる間際、私はドイツのベルリンへ移住します。
ドイツ語が話せないため日本食屋のアルバイトにも採用されず、お金もないので私はギター一本で流れのギタリストとなりました。
昼は駅構内で弾き語り。夜はクラブ帰りの若者が多く集う広場などでビートルズや日本の歌手の曲を歌いました。
小銭を恵んでくれる人もいれば、「おい、チャイニーズ!」と叫ばれることもありました。
ベルリンは治安が悪く、麻薬中毒者に投げ銭を盗み取られた事もあります。
小銭を稼いでは安いbed&breakfast(民宿)に泊まり、また路上で歌い・・・という生活を1年送り、友人に「英語の通じるアイルランドへ行けばいいのに」と助言を頂きました。
それから私はアイルランドの首都、ダブリンに拠点を移しライブハウスと路上で弾き語りをすることにしました。
アイルランド共和国の人々は外国人にもとても優しく温厚で、ドイツの頃とは違い友人も沢山できて住む場所にも困りませんでした。
そして私がライブハウスで自作曲を弾き語りし終わった時、今の旦那となるアイルランド人のギタリストが話しかけてきたのです。
同じくギターを弾く同士だったため、好きなミュージシャンの話やギターの弾き方について話が弾みました。
それからはとんとん拍子に恋愛へ発展し国際結婚、子供も生まれアイルランドで就職もしました。
9歳だったあの時、ふと見たCMでスカボローフェアが流れていなかったら。ハート音楽院で良い先生に巡り会えていなかったら。
ギターを弾き続けなかったら今の生活も子供も、全てなかったでしょう。
ギターは私の人生を180度変えてくれたと思います。そして私の娘にも時期が来たら絶対にギターを教える予定です。

日本では、eys音楽教室も評判がると聞きます。
ギターはもちろん様々な楽器や音楽がある教室で、またスタジオもオシャレな雰囲気があり音楽が好きな人が集うと人気のスクールです。

大人になっても始められるスクール

f:id:tarumaesan40:20170123133033j:plain


学校:MIKIミュージックサロン
楽器:バイオリン
年数:1年半~(27歳~現在も継続中)
場所:神戸三宮

 

友人の披露宴での余興で再開

私は中学の時にオーケストラ部に入部し、バイオリンを始めました。中学・高校の6年間は部活で毎日楽器の練習をしていましたが、大学に進学すると、せっかく買ったバイオリンはただのオブジェと化してしまいました。
しかし2年前、同じ部活の友人が結婚することになり、余興で楽器を弾いて欲しいと頼まれました。
大勢の人前で、聞いてもらえるレベルまで、短時間で達する必要があったため、藁をもすがる思いで、音楽教室に通い始めました。

 

大人でもバイオリンは弾ける!

仕事帰りに寄れる場所と時間のレッスンが開講されていたので、MIKIミュージックに決めました。
私の通っているクラスは、3段階あるレベルの1番上で、入学時にどのくらい弾けるかチェックがあり、クラスが決まりました。
自分とだいたい同じぐらいのレベルの人と、一緒に練習することで、モチベーションが保てるかなと思い、グループレッスンのコースにしました。
今までなんとなくしか知らなかった「ポジション移動」という技を丁寧に教えてもらえ、部活時代の記憶が、だんだんよみがえってきました。

 

来月はいよいよ発表会

MIKIミュージックは1年に1回~、しっかりしたホールで練習の成果を聞いてもらうためのミニコンサートをしているそうです。
私のクラスも、いよいよ来月のコンサートに参加します。
初めての参加なのでとても楽しみですし、また友人が結婚する際は、自信をもって、ソロでバイオリンを弾いてお祝いしたいです!

はじめての楽器体験が一生の糧に

f:id:tarumaesan40:20170123132714j:plain


学校:ヤマハ音楽教室
楽器:ピアノ
年数:13年+2年(5才~18才、22才~23才)
場所:いけぶくろ楽器ときわ台店、池袋西口店

 

母の興味本意から

新し物好きで負けず嫌いの母が、幼稚園児の私をピアノ教室に入れたのは、母が離島出身の大家族でピアノや楽器を習うお金持ちに憧れがあったからでした。
父はジャズ、ロックなど洋楽中心に大の音楽好き。クラシックには縁遠い家でしたが、音楽を始めることには賛成で、練習を専ら見てくれたのも父でした。
私自身はやらされている感の中でただただ新しい音楽、曲、技術を吸収できることを楽しんでいたように思います。
10才を過ぎた頃から先、思春期の時期になると情緒など内面が育ち、ピアノの面白さに自らのめり込んでいきました。
感情表現、芸術表現を研究すること、音を楽しむことが目的となっていったのです。

 

クラスによってカラーは違う

入会当初より個人クラス一筋だったので、CMでやっているようなグループレッスンのことはわかりませんが、個人の場合はやはり、講師の人柄と力量に、上達が強く結び付いていると思います。
ピアニストになりたい人が(クチコミや紹介からか?)集まる講師もいれば、音大音高受験生から練習しないこども、私のように、ピアニストになるほどの才能がなくても、曲を楽しんでいる人などどんなタイプの生徒でも教えこなす先生もいらっしゃいます。
もし、これから音楽を始めたいという方は、まずどんな風に勉強したいか、現時点での目標などをご相談してみてはいかがでしょうか。

 

ピアノは普通の人並みに弾ける程度、音感も育ちました

中学生くらいの頃、ピアニストに憧れた時期もありましたが、時すでに遅し、もっと小さな頃からバリバリ練習して技術をあげていないと難しいことがわかりました。また手が小さく、ぎりぎり1オクターブ開ける程度のため、譜面通りに音を鳴らせない曲に出会うことも増え、葛藤がありました。
結局高校3年生の秋までピアノを続け、一般大学に進みましたが、大学在学中に再び音楽を始めたくなり、2年ほど同じ教室の同じ先生の元に戻りました。
また、こどもの頃から周囲の物音や電子音などがドレミの音階で聞こえ、これが普通でないことは大分後になってから知りました。訓練を受けたわけではないのでフラットやシャープは曖昧な時もありますが、絶対音感に近しい能力を手に入れたことは嬉しい収穫だったと思います。
ピアノは趣味程度となってしまいましたが、成人後に一念発起し音大声楽科へ進学、ピアノの素地が大いに助けてくれ、今はプロのオペラ団体に所属しています。
ピアノそのものの夢ではないけれど、音楽でプロになる夢は叶っているし、これからも叶え続けていきたいと思います。

大人が習うヴォーカルスクール

f:id:tarumaesan40:20170123132714j:plain


学校:目黒川STUDIO
楽器:ヴォーカル
年数:4年(30歳~34歳)
場所:目黒

 

得意の歌をランクアップさせるために通いました


昔から歌うのが好きで得意としていましたが、ヴォーカルスクールに通ったことがなく趣味レベルだったので、それをさらに磨きをかけたいと思い習い始めました。
学生の頃には、ロックバンドを組んでいてヴォーカルを務めていた経験があり、また人前でライブをして歌いたいという思いも強くなったということも習おうと思ったきっかけでした。

自宅からすぐ近くでヴォーカルスクールをネットで探していたところ、ちょうど自宅から歩いて通える場所にありました。
体験レッスンを受けた時に雰囲気が良かったのと、お手頃な価格の月謝だったので決めました。
自分の習いたい時間に合わせ通うことが出来ましたし、アットホームな雰囲気で楽しみながらヴォーカルレッスンをしてくれる教室でした。

最初はポップス系のヴォーカルを習っていましたが、講師がジャズヴォーカリストだったため、ジャズにも興味が出てきてジャズヴォーカルのレッスンへ切り替えました。
数年通ったころからジャズセッションやジャズライブ、ピアノバーで歌うようになり、セミプロレベルまで到達しました。
ヴォーカル教室の経営者のスカウトにより、サウンドトラックのアルバムで2曲ほど歌ってレコーディングをした経験もあります。
子育てが落ち着いたらまた歌を磨いて、収入を得られるほどの腕前になりたいという夢があります。

私の人生はほぼこの教室から始まりました

f:id:tarumaesan40:20170123132617j:plain


学校:ヤマハ音楽教室
楽器:ピアノ
年数:13年(5歳~18歳)
場所:和歌山市

 

母の夢だったピアノを習うことになって

幼稚園の年長の時、近くの教室に入会しました。
その時はグループレッスンでお友達がいるから楽しくてほぼ遊びのようでした。
母は自分が子供の頃できなかったピアノを娘に習わせたかったみたいです。
教室は同伴レッスンだったので親子で楽しんでいたと思います。

 

しっかりした先生といい環境で成長

小学生からは教室の場所が変わり、駅ビルのセンターになりました。
そこでは週2回みっちりとピアノとアンサンブルを習い、発表会やコンクールにも出るといういい経験をしました。
中学、高校時代は、クラブ活動もあり、月に2~3回のレッスンになりましたが、ずっと同じ先生が見てくれたので辞めずにがんばれました。
高校卒業まで続いたのもほんとに先生のお蔭です。

 

指導者グレードを取り、就職も教室関係のところへ

結局大学は語学系の学部に行きましたが、そのあとの就職先はヤマハ音楽教室を運営している楽器店へ。
仕事では小さいころからの経験が生かされ、とても楽しく仕事をすることができました。
そこで出会ったメンバーは親友になり、今でも大切な人たちです。
思い返せば幼少期の音楽教室が私の人生の基礎となったことは間違いありません。
本当に感謝しています。
この先もきっと音楽に関わる何かをしていくつもりです。
現在小学生の子供2人がピアノを練習中で。
もちろんヤマハ音楽教室に通っています。
ずっとずっと続けてもらえるといいな。

大人からでも始められるスクール

f:id:tarumaesan40:20170123132451j:plain


 学校:ヤマハ音楽教室
 楽器:バイオリン
 年数:3年(24歳~26歳)
 場所:宇都宮センター

 

彼女と趣味を共有するため

当時の彼女が音大卒業で音楽コンクールなどの大会のために日々練習している人でした。
もちろん、そんな彼女とデートの話題は音楽が多く、クラシックの話が出ることが多かったです。
しかし、当時の私はクラシック音楽についてあまり知らず話題についていけないことがしばしばありました。
そこで、話題作りと密かにかっこいいなと思って、やってみたいと思っていたバイオリンを始めてみることにしました。

 

忙しい人でも無理なく続けられる!

音楽するなら、安直にヤマハかなと思い、体験から始めてみることに。
才能もないし、仕事であまり時間も取れないので大丈夫かなと思っていたが、進捗も全然早くなく、なんなら練習していかなくてもその日のレッスンだけでもそこそこできるようになりました。
(但し、今考えるとめちゃくちゃ進捗は遅かったです。)
また、先生も優しく、せかしたり、練習していないことに怒ったりしなかったので、安心して続けることが出来ました。

 

腕前は…、でも老後の楽しみとして

腕前は初心者から一歩踏み出した程度にしかなりませんでした。
弦楽器は音感がないと難しいのと、仕事が忙しく練習ができなかったために練習量も足りていませんでした。
残念ながら、音楽を続けることが出来ないほど、仕事が忙しくなり、音楽教室はやめてしまいました。
でも、音楽の楽しさに触れることができ、時間が取れるようになれば、また、再開したいと思います。

一対一のグランドピアノ先生用と生徒用でわかりやすい。

f:id:tarumaesan40:20170123132337j:plain

 

楽器→ピアノ
年数→10年(小学校1年生から18歳)
場所→横須賀

 

耳コピってすごい

親に連れられてピアノの演奏を見に行った時に、リクエストしたやつを弾きますと言っていて、それをすぐに耳コピで弾けて憧れたからです。

 

最初から最後まで一対一レッスン

近場で通いやすく、グランドピアノが二つあり集中力が高くなりわかりやすく、とてもいい所です。
クリスマスパーティーや楽譜などをたくさん書いたらプレゼントが貰えるという楽しみもあり、今でも通っています。

 

腕前はUp、合唱コンクール

中学生3年生の時の話ですが、
中学1年2年生と、ずっと合唱コンクールで伴奏をしている子と3年生になり同じクラスになり、伴奏を決める時にその子も手を挙げて私は仲いい子たちに推されて手を挙げました。
その女の子は親がピアノの先生でグランドピアノもいつでも弾けるという素晴らしい家庭で育っていて負けるのも当たり前だなって思いも、頑張って努力して伴奏を決める時に、みんなが私の事を選んでくれました。
高校生の時も卒業式の伴奏を頼まれました。

夢は、友達の結婚式などでピアノ弾きたいと思ったり弾き語りをしてみたいなという夢ができました。